【All in One SEO】無料版でもSEOサイトスコアが上がる設定について解説

AIOSEOのSEOサイトスコアをアップする方法

【PR】本ページはプロモーションが含まれています。

こんにちは!ハセブロです。

今回は、All in One SEOSEOサイトスコアをアップする設定方法について、WordPressブログ初心者の方に向けてやさしく解説します。

悩み

All in One SEOSEOサイトスコアが中々上がらない…。

悩み

無料版でもSEOサイトスコアが上がる方法を教えてほしい…。

そんなお悩みを解決する方法をご紹介します。

All in One SEOのスコアも大きな変動なし
僕のAIOSEOの最高スコア

SEOサイトスコアブログやサイト全体のスコアです!

僕の最高スコアは81です(2023年10月7日時点)。もちろん無料版のAll in One SEOです。

無料版のAll in One SEOでも、適切な設定ができれば高スコアを獲得できますよ!

それでは始めましょう!


\ All in One SEOの導入方法について /

All in One SEOの使い方や設定方法は、【SEO初心者向け】WordPress SEOプラグイン All in one SEOの使い方や設定方法を詳しく解説!で詳しく解説しています。!

目次

All in One SEOとは?

All in One SEOとは
All in One SEOとは

ではAll in One SEOについて簡単にご紹介しますね。

All in One SEOの概要

All in one SEO
All in one SEO

All in One SEOWordPressのSEOプラグインです。

有効インストール数はなんと3,000,000以上!

SEOの専門家ではない初心者の方でも、WordPressのSEOを適切に設定できるようにサポートしてくれるツールとして非常に多くのブログやサイトで利用されているプラグインです!

ハセブロ

何を基準にして記事やページを作れば良いのかがわかりやすいのでとても役立つプラグインです!


All in One SEOの使い方や設定方法は、【SEO初心者向け】WordPress SEOプラグイン All in one SEOの使い方や設定方法を詳しく解説!で詳しく解説しています。!

All in One SEOのSEOサイトスコアが上がらない理由

All in One SEOのスコアが上がらない理由
All in One SEOのスコアが上がらない理由

All in One SEOは、ブログやサイト全体をチェックしてSEOサイトスコアを算出してくれます。

ブログやサイトが最適化されているかを数値で示してくれるのでとても便利ですよね?!

All in One SEOSEOサイトスコアの見方は以下の通りです。

スコアスコアについて
50~75非常に良いスコア
70以上ベストな結果を得るために目指す数値
参考:All in One SEO『SEO監査チェックリスト』

All in One SEOSEOサイトスコアの確認方法が分からない場合は、以下手順で確認してみましょう!

【AIOSEO】SEOサイトスコアの確認方法

STEP
SEO分析
All in One SEO:SEO分析
All in One SEOSEO分析

WordPress管理画面から「All in One SEO」→「SEO分析」をクリックします。

STEP
SEO監査チェックリスト
SEO監査チェックリスト
SEO監査チェックリスト

「SEO監査チェックリスト」は、ブログやサイト全体のSEOチェックリストです。

以下4つのカテゴリーでチェックされます。

  • 基本的なSEO
  • 高度なSEO
  • パフォーマンス
  • セキュリティ

「重要な問題」「推奨される改善」に記載された項目を改善していくことでスコアが上がります!

「サイト全体のスコア」は、70以上を目指して改善するとベストな結果が得られるようです。

SEO監査チェックリスト:重要な問題
SEO監査チェックリスト重要な問題
SEO監査チェックリスト:推奨される改善
SEO監査チェックリスト推奨される改善

「重要な問題」「推奨される改善」では、具体的な問題点や改善点と改善方法のアドバイスが日本語で確認できます。

SEOサイトスコア最高得点は100点ですが、僕の場合は立ち上げ当初50~60点台を行き来している状態でした。

【AIOSEO】SEOサイトスコアを上げる設定

All in One SEO SEOサイトスコアが上がらない理由
SEOサイトスコアが上がらない理由

All in One SEOSEOサイトスコアを上げるにはどうすれば良いか?

結論は「SEO監査チェックリスト」

  • 「重要な問題」
  • 「推奨される改善」

について、アドバイスをもとに解決することです!

しかし、提示してくれているアドバイスの内容が難しく、対応できずに手つかずのままという方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕はしばらくの間そのままの状態になっていました…。

その後、色々と試しながら設定していくことで、最終的にSEOサイトスコア80以上にすることができましたよ!

ポイントは以下の通りです。

SEOサイトスコアアップのポイント

  • 画像が最適化されてない
  • 画像に代替テキストがついてない
  • 「expires」ヘッダを使用してない
  • CSSやJavaScriptが縮小されていない
  • Open Graphのメタタグが設定されていない
  • ブログの応答時間が遅い

※上記以外にも改善するポイントはありますが、本記事ではポイントを絞っています。

そこで本記事では、SEOサイトスコアアップにつながるポイントを絞って改善方法についてご紹介しますね。

All in One SEOのSEOサイトスコアアップの設定

SEOサイトスコアアップの設定方法
SEOサイトスコアアップの設定方法

本記事では、僕が実際に試して効果のあったものをピックアップして解説しますね!

本記事でピックアップする項目

  • 画像サイズを最適化する
  • 画像に代替えテキストをつける
  • サーバーでExpiresヘッダを設定
  • ConoHa WINGのWEXALで高速化する
  • OGPを設定
  • PageSpeed Insightsのパフォーマンスを改善

※本記事では上記ポイントに絞ってご紹介します。

上記ポイントなどを改善することで、無料版のAll in One SEOでもSEOサイトスコア80点以上を獲得できました!

画像を最適化する

画像を最適化する
画像を最適化する

ブログにはできるだけ綺麗な画像を使いたいですよね?!

でも、画像を圧縮せずに使うとブログの表示速度を低下させてしまう原因にもなります。

表示速度が遅いと、ブログに訪れた人が「遅い!」と感じて離れてしまう可能性が高くなるんです…。

画像を最適化してくれるプラグイン:EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer

できるだけ綺麗な状態で簡単に画像を圧縮したい場合は、EWWW Image OptimizerというWordPressプラグインで対応することができます。

EWWW Image Optimizerを使うことで

  • サイトの高速化
  • 直帰率の改善
  • SEO の向上

が見込めるということもあり、有効インストール数は100万以上!非常に多くのユーザーが利用していますよ!

WordPressのテーマや他のプラグインとの互換性等については、プラグインの互換性や、使っているテーマの注意事項等をよく確認するようにしましょう。


EWWW Image Optimizerの設定方法や使い方は、【SEO対策】画像の最適化でブログを高速化!EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方を解説で詳しく解説しています。

画像に代替えテキストをつける

画像に代替えテキストをつける
画像に代替えテキストをつける

画像にalt属性という代替えテキストを設定することはとても重要です!

alt属性・代替えテキストを設定していないと、画像が表示されない場合に何を示しているのかが分かりませんよね?!

alt属性・代替えテキストを設定しておくことで、画像が表示できない場合にテキストで表示されるようになります。

alt属性・代替えテキストを設定する場所
alt属性代替えテキストを設定する場所

WordPressでは、alt属性・代替えテキスト

  • メディアライブラリ画面
  • ページのエディタ画面

で設定することができます。

ハセブロ

画像を使う場合は、alt属性・代替えテキストをしっかり記述するようにしましょう!

サーバーでExpiresヘッダを設定

サーバーでExpiresヘッダを設定
サーバーでExpiresヘッダを設定

Expiresヘッダとは、ざっくり言うとブラウザにコンテンツをキャッシュしておく設定のことです。

以下は、ConoHa WINGのブラウザキャッシュの設定で記載されている内容です。

キャッシュを指示するHTTPレスポンスヘッダの1つであるExpiresヘッダを付与、Webページへ再アクセスした際にブラウザに保存済みのキャッシュデータを読み込むようになります。これによりWebサイト表示の高速化、転送量・サーバー負荷の削減を図れます。

引用元:ブラウザキャッシュ機能を使う

Expiresヘッダが付与されたコンテンツは、ブラウザに保存されたキャッシュを使って表示されるのでブログやサイトの表示を高速化することができます!

【ConoHa WING】Expiresヘッダの設定方法

本記事では、ConoHa WINGでExpiresヘッダを設定する方法を解説します。

ConoHa WINGの場合は非常に簡単です!

STEP
ConoHaコントロールパネル
ConoHaコントロールパネル
ConoHaコントロールパネル

ConoHaコントロールパネルで、『サイト管理』→『高速化』をクリックします。

『キャッシュ』のタブをクリックしましょう。

STEP
ブラウザキャッシュをオンにする
ブラウザキャッシュの利用設定をONにする
ブラウザキャッシュの利用設定をONにする

『ブラウザキャッシュ』を開き、利用設定を『ON』にします。

これだけです!

ハセブロ

ConoHa WINGの場合は、ワンクリックで終了です!

【ConoHa WING】WEXALで高速化

ConoHa WINGならWEXALで高速化する
WEXALで高速化

ConoHa WINGでは、WEXALという高速化エンジンを利用することができます。

WEXALについて

ConoHa WINGのサポートページを確認すると、WEXALについては以下のように記載があります。

WEXALはプライム・ストラテジー株式会社が提供するWeb サイトの高速化エンジンです。
戦略AI 「David」がブラウザの環境に合わせてページごとに最適化することでページの表示を高速化するほか、画像やJavaScript、CSSを圧縮、軽量化することで表示の高速化だけではなく転送量も削減します。

引用元:WEXALについて

WEXALは、ページの表示速度の高速化や転送量削減に寄与してくれるようです!

【ConoHa WING】WEXALの設定方法

ConoHa WINGでWEXALを設定
ConoHa WINGでWEXALを設定

ConoHa WINGWEXALを設定する方法の概要をご紹介します。

STEP
ConoHaコントロールパネル
ConoHaコントロールパネル

ConoHaコントロールパネルから、『サイト管理』→『高速化』をクリックします。

『WEXAL』のタブをクリックしましょう。

STEP
WEXALの有効化
WEXALを「ON」に設定
WEXALをONに設定

『WEXAL』『ON』にします。

初めて『WEXAL』を利用する場合、最適化に時間がかかる場合があります!僕の場合は10分程度で完了しました。

ハセブロ

『最適化中』から中々『最適化完了』にならないという方は、ページを再読み込みしてみましょう。

STEP
ステータス:最適化完了
最適化完了
最適化完了

『ステータス』『最適化完了』になったらOKです!

最適化モードについては、カスタマイズする必要がなければ原則スタンダードの利用が推奨されています。

STEP
Webコンテンツ最適化設定
Webコンテンツ最適化設定
Webコンテンツ最適化設定

『Webコンテンツ最適化設定』画像・CSS・JavaScriptの3項目が『ON』になっていることを確認しましょう!

STEP
ファーストビュー高速化

『ファーストビュー高速化』は、デフォルトでは無効になっています。

この機能について確認すると、以下が記載されています。

戦略AI Davidがブラウザの環境に合わせてページごとに最適化戦略を生成しファーストページビューの高速化が期待できます。

引用元:ConoHa WING ファーストビュー高速化 対象設定より

ただ、注意点もあります。

サイトによっては表示崩れが起こる可能性があるため、初期設定ではLazyLoad(画像)がOFFになっています。

引用元:ConoHa WING ファーストビュー高速化 対象設定より

僕の場合は、CSS・JavaScriptのみ『有効』にしてあります。

以上で終了です。スタンダードの利用であれば難しい設定はありません!

本記事では概要のみ紹介しているので、詳細な設定方法についてはWEXALの設定方法をよく確認しましょうね!


\ SEO対策も簡単にできる /

ブログ初心者の方には、SEO対策も簡単にできるConoHa WINGがおすすめ!

現在、2024年6月11日(火) 16時まで『初期費用無料 & 独自ドメイン2つ無料 & 最大53%OFF』限定キャンペーン開催中なので、超お得にブログを始めるチャンスです!

OGP設定:Open Graphのメタタグを設定

OpenGraphのメタタグを設定
Open Graphのメタタグを設定

OGPとはOpen Graph Protocolのことで、SNSでシェアした時にページのタイトルやURL、概要、画像などの情報を正しく伝えるためのタグ情報です。

OGPが設定されていると、ユーザーへの訴求力が高まる効果が期待できるんです!

All in One SEOでのOGP設定

OGPの設定は、All in One SEOで設定することができます。

STEP
All in One SEO
All in One SEO ソーシャルネットワーク
All in One SEO ソーシャルネットワーク

WordPress管理画面から、All in One SEO『ソーシャルネットワーク』をクリックします。

STEP
ソーシャルネットワーク
ソーシャルネットワーク
ソーシャルネットワーク

『ソーシャルネットワーク』では

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

上記3つの設定ができます。

Pinterest『Pinterest 認証コード』で連携するのみなので本記事では言及しません。

Facebook
Facebook

まず、Facebookのタブをクリックします。

『Open Graph マークアップを有効化』にチェックが入っていることを確認します。

画像を設定
画像を設定

基本的な設定はされているのですが、画像の設定がされていないので設定しておきましょう!

『デフォルトの投稿画像ソース』を適宜選択します。僕はアイキャッチ画像にしています。

『デフォルトの投稿 Facebook 画像』で、『画像をアップロードまたは選択』をクリックし画像を設定します。

最小サイズ: 200px x 200px、理想的な比率1.91:1、最大8MB (例: 1640px x 856px または Retina ディスプレイでは3280px x 1712px)。JPG、PNG、WEBP および GIF のフォーマットのみ。

Twitter
Twitter

Twitterのタブをクリックします。

『Twitter カードを有効化』にチェックが入っていることを確認します。

画像を設定
画像を設定

こちらも画像の設定がされていないので設定しておきましょう!

『デフォルトの投稿画像ソース』を適宜選択します。僕はアイキャッチ画像にしています。

『デフォルトの投稿 Twitter 画像』で、『画像をアップロードまたは選択』をクリックし画像を設定します。

最小サイズ: 300px x 157px、理想的な縦横比2:1、最大5MB。 JPG、PNG、WEBP、GIF 形式のみ。

本記事でご紹介する、基本的なOGPの設定は以上です!

ハセブロ

OGPの設定は、All in One SEOSEOサイトスコアにも影響しますよ!

PageSpeed Insightsのパフォーマンスを改善

PageSpeed Insightsのパフォーマンスを改善
PageSpeed Insightsのパフォーマンスを改善
PageSpeed Insights
<a href=httpspagespeedwebdev target= blank rel=noopener title=PageSpeed Insights>PageSpeed Insights<a>

ブログやサイトのパフォーマンスは、All in One SEOSEOサイトスコアに影響します!

Googleが提供する、PageSpeed Insightsという測定するツールで確認してみましょう!

PageSpeed Insightsとは?

PageSpeed Insightsは、モバイル端末向けとパソコン向けの両方のページにおけるパフォーマンスを分析してくれる便利なツールです!

URLを入力し分析ボタンをクリックするだけ
URLを入力し分析ボタンをクリックするだけ

PageSpeed InsightsでURLを入力し、『分析』ボタンをクリックするだけで分析してくれます。

ブログやサイトのパフォーマンス改善

最終的な携帯電話(モバイル端末向け)スコア
モバイル端末向けパフォーマンスで95点を獲得
最終的なデスクトップ向けスコア
デスクトップ向けパフォーマンスで93点を獲得

モバイル端末向けとデスクトップ向け双方のパフォーマンスを改善することで、All in One SEOSEOサイトスコアもアップすることができました!

僕の場合は、『使用していないJavaScriptの削除』という項目を改善することが、PageSpeed InsightsAll in One SEOスコアアップに大きく寄与しました。

All in One SEOのスコアも大きな変動なし
SEOサイトスコアが81点に
ハセブロ

改善をした結果、無料版のAll in One SEOでもSEOサイトスコア81点を獲得できました!


PageSpeed Insightsパフォーマンススコアをアップする方法は、【SEO対策】PageSpeed Insightsのパフォーマンスが90以上に大幅改善!SWELLの設定方法を詳しく解説で詳しく解説しています。

まとめ:最適な設定でAll in One SEOのSEOサイトスコアを上げる

今回は、「【All in One SEO】無料版でもSEOサイトスコアが上がる設定について解説」という記事で、ブログやサイト全体のSEOサイトスコアをアップする方法について解説しました。

SEOサイトスコア「重要な問題」「推奨される改善を照らし合わせながら一つ一つ解決することで、無料版のAll in One SEOでもSEOサイトスコアをアップすることは可能です。

つまりは、ブログやサイトを最適化していくことができるんです。

本記事では、以下のポイントで最適化方法をご紹介しました。

本記事でピックアップする項目

  • 画像サイズを最適化する
  • 画像に代替えテキストをつける
  • サーバーでExpiresヘッダを設定
  • ConoHa WINGのWEXALで高速化する
  • OGPを設定
  • PageSpeed Insightsのパフォーマンスを改善

※本記事では上記ポイントに絞ってご紹介します。

ブログやサイトをより良くしていくために、All in One SEOを導入されている方はどんどん活用していきましょう!

以上、ハセブロでした!

最後までお読みいただきありがとうございました。


\ SEO対策も簡単にできる /

ブログ初心者の方には、SEO対策も簡単にできるConoHa WINGがおすすめ!

現在、2024年6月11日(火) 16時まで『初期費用無料 & 独自ドメイン2つ無料 & 最大53%OFF』限定キャンペーン開催中なので、超お得にブログを始めるチャンスです!

目次